みどりの葉っぱ

健康やお料理、パソコンのこと、ときどき日々の出来事など書いています。

肉肉パスタ♪

f:id:skypon:20200926093216j:plain



 

今回は肉肉パスタ♪
いつものミートソースにお肉をプラス+
食べごたえある一品となりました。
たまねぎ追加したほうがいいかな。とか思いつつ。
2人前完食です♪

ざいりょう(ふたり分)

肉        150g ※食べ応えのある量で、牛肉でも豚肉でも
ミートソース缶  1缶
パスタ      2人前

 

f:id:skypon:20200926094315j:plain

 

 

つくりかた

①肉を火が通りやすい厚さに切り、炒めます

f:id:skypon:20200926094326j:plain

 

②肉に焦げが付き始めたら、ミートソースを追加。しっかり煮込みます

f:id:skypon:20200926094335j:plain

 

③パスタを別のお鍋で茹でて

f:id:skypon:20200926094343j:plain

 

④できあがり♪

f:id:skypon:20200926094352j:plain

 

 

カマンベールチーズの炊き込みご飯

f:id:skypon:20200704094756j:plain




 

超簡単ですが、めっちゃおいしいです♪

材料を炊飯器にポンポン♪入れるだけの、

カマンベールチーズの炊き込みご飯です。

 

ざいりょう

カマンベールチーズ  100g

ベーコン       50g

お米         2合

オリーブオイル    大さじ1杯

塩          少々

f:id:skypon:20200704093548j:plain



 

 

つくりかた

1.炊飯器に、通常のお米を炊く感じでお水を入れ、カマンベールチーズを入れ、さらに、オリーブオイル、塩、ベーコンも入れます。そして炊飯器をポチ。

f:id:skypon:20200704093726j:plain


 

 

 

2.炊きあがり。

f:id:skypon:20200704093631j:plain


 

 

 

3.そして出来上がり♪

 

f:id:skypon:20200704093615j:plain

 

お好みで、しょうゆ や、ブラックペッパーを足して味を調えてください。

 

 

たまごかけ醤油を使ったサーモン丼

f:id:skypon:20200308141724j:plain

 

 

たまごかけ醤油にサーモンを漬けておくだけで、
おいしいサーモン丼がつくれます。

フライパンを使わない。
まな板も包丁もつかわない。

超簡単で美味しい!

ぜひご賞味を!!

 

 

ざいりょう(1人分)

・サーモン(刺身用) 1人前
・ごはん 1人前
・きざみのり 適量
・卵黄 1個
・ごま 適量

f:id:skypon:20200308123530j:plain

 

 

つくりかた

①サーモンをたまごかけ醤油に漬け、冷蔵庫で1時間ほどねかしておきます。

f:id:skypon:20200308123729j:plain



 

②ごはんをどんぶりに盛ります。

f:id:skypon:20200308134740j:plain



 

③きざみのりをのせて。。。

f:id:skypon:20200308134901j:plain



 

④漬けていたサーモンを盛り、卵黄をのせ、ごまをふったら、できあがり!

f:id:skypon:20200308141724j:plain

(私は、わさび醤油で美味しく頂きました)

 

超簡単。美味しい料理!

 

EXCEL_文字列と数値を組み合わせる

f:id:skypon:20200225051747j:plain

 

 

 つぎの画像をご覧ください。

f:id:skypon:20200302221907j:plain

オレンジの矢印には数値で「1」が入力されていますが、
緑の矢印には「K-1」と表示されています。

 

今回の「EXCEL-tips」は、 
このように、文字列と数値を組み合わせる方法です。

 

そんなにむずかしいことでは無いので、
早速説明すると、、、

 

①対象のセルを右クリック →セルの書式設定 を選択します

f:id:skypon:20200302222848j:plain

 

 

②表示形式 →ユーザー定義 →種類 に

 "K-"#

と、入力します。

 

f:id:skypon:20200302223242j:plain

 

 すると、「 " 」(ダブルクォーテーション)で囲まれたものは、
文字列として認識され、
「 # 」(シャープ)で表している部分は、
EXCELでは数値として、認識されます。

結果、文字列部分と、数値部分が表示されて、

K-1

と表示されます。

 

さらに、この方法だと、
以下のように、B5 は B2の+1という数式であるにもかかわらず、
「K-2」と表示させることもできます。

f:id:skypon:20200302224950j:plain



数値を文字列と組み合わせて、
EXCELの数式で使えるようにする。

 

そんなtipsでした。

 

 

最後まで、ご覧いただき、
ありがとうございました。

 

EXCEL_2つのセルを比較する方法

f:id:skypon:20200215211231j:plain

 

EXCELを使っていると、
2つのセルの値が同じかどうか確認したい場面があります。
今回は、そのようなときに使える二つの方法をご紹介します。

 

 

表の用意

①A列に果物、B列に目標、C列に実際に用意した個数 を入力する表があります。

②その表のD列に、B列とC列の値が同じかどうか判定結果を表示させたいと考えています。

f:id:skypon:20200215213046j:plain

 

 

1つ目の方法

D2 に入力する数式は、

 =IF(B2=C2,"OK","NG")

です。

=IF(①,②,③) として考えた場合、
以下のような仕組みになっています

① B2とC2の値の関係を示し
② ①の関係が正である場合に表示されるもの
③ ①の関係が正でない場合に表示されるもの

判定結果として表示するものが、
ユーザーで任意に指定できるタイプです。
たとえば、②に「"同じ"」と入力したら、
図の「OK」が「同じ」と表示されるようになります。

 

f:id:skypon:20200215214320j:plain

 

 

2つ目の方法

D2 に入力する数式は、

 =EXACT(B2,C2)

これは、B2とC2の値が同じかどうか判定し、
同じであれば、D2に「TRUE」と表示し、
違うと、「FALSE」と表示するものです。

これは、1つ目のものと違い、判定結果を変えることができません。

 

f:id:skypon:20200215214632j:plain

 

さまざまな場面で、比較方法を使い分けてお使いください。

 

最後まで、
ご覧くださり、ありがとうございました。

 

簡単!うまい!カップラーチャン♪(カップラーメンチャーハン)

f:id:skypon:20200211144326j:plain

 

お手軽。
おいしい。
カップラーメンを使ったチャーハンです。
カップラーチャン:勝手に命名
すぐ出来て、うまい!
お試しください♪

 

参考にしたのはこちら

 

ざいりょう

カップヌードル 1つ
たまご 2個
ごはん 食べる分
ねぎ あまりものがあれば
べにしょうが あまりものがあれば

f:id:skypon:20200211144353j:plain

 

つくりかた

カップヌードルの中身を厚めのビニル袋に入れます

f:id:skypon:20200211144408j:plain



 

②砕きます。(私の場合、ビニル袋が薄かったのか、破けてしまいました)

f:id:skypon:20200211144421j:plain



 

③容器へもどして、お湯を麺がつかるくらいまで入れます

f:id:skypon:20200211144434j:plain



 

④熱したフライパンに油をひいて、溶いたたまごを投入。

f:id:skypon:20200211144447j:plain



 

⑤すこしたまごが固まったら、ごはんを投入

f:id:skypon:20200211144458j:plain



 

⑥かき混ぜたら、カップヌードルを汁ごと全部、フライパンへ

f:id:skypon:20200211144509j:plain



 

⑦ねぎなんかも入れて

f:id:skypon:20200211144552j:plain



 

⑧汁気がなくなるまで、しっかり炒めます。

f:id:skypon:20200211144615j:plain



 

⑨しょうがを添え、ブラックペッパーをかけたら、出来上がり♪

f:id:skypon:20200211144326j:plain



 

 

簡単でおいしいカップラーチャン♪
あと味で、口の中に残るカップラーメンの味が、
いつものチャーハンと違って、
唾液が止まらない(笑

 

最後まで見てくださり、
ありがとうございました。

 

入力時にメッセージポップアップを表示させる方法

f:id:skypon:20200128204711j:plain

 

EXCELファイルを複数人使えるようにしている場合、
特定のセルにどのような値を入力すればいいか、
皆にわかってもらう必要があります。
もちろんセルの隣にその説明を記載すればいいのですが、
それよりもスマートな方法をご紹介します。

今回は、特定のセルを選択すると、
そこにどんな値を入力すればいいか、
ポップアップでメッセージを表示させる方法を説明します。

 

通常だと、このように、
ただそのセルが選択されるだけです。

f:id:skypon:20200209184124j:plain





 

今回の設定をすると、
このように、「C3」セルを選択すると、
ポップアップでメッセージが表示されるようにすることができます。

f:id:skypon:20200209184141j:plain



 

 

それでは次に、じっさいに設定してみます。

①ポップアップを表示させたいセル(ここでは「C3」セル)を選択し、
メニュー →データ →データツール →データの入力規則 →データの入力規則 を選択します

f:id:skypon:20200209184229j:plain



 

 

②必要な項目を入力し、「OK」で設定します
・セルを選択したときに入力時メッセージを表示する。をチェック
・タイトル:<任意の名前>(設定には無関係です)
・入力時メッセージ:<ここに入力する文字列がポップアップで表示されます>

f:id:skypon:20200209184241j:plain



 

 

③すると、このように、
「C3」セルを選択すると、
ポップアップが表示されるようになります

f:id:skypon:20200209184141j:plain



 

 

複数人で同じEXCELファイルを使って仕事をするときに、

「そこに入力する値は、そのセルのポップアップを確認して~」

と、言うだけで、いろいろ説明しなくて済むので、
業務の効率化になりますよ。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました!

 

素敵なレトルトカレーの食べ方(素揚げ野菜のカレー)

f:id:skypon:20200201171044j:plain

 

 

ここまで手を掛けるんなら、カレーも手作りにすれば。


っていう突っ込みもあるかもしれませんが、、、

いいんです。これで。

レトルトカレーがレトルトじゃない感じで食べられる。
これが大事なのです。

彩(いろどり)もいいし。
カレーを作る時間と労力を節約できます。
素揚げ野菜のカレーです。

 

 

ざいりょう

レトルトカレーと素揚げにしたい野菜たちです。
今回は、からあげも。

f:id:skypon:20200201171237j:plain

 

 

つくりかた

(といっても、野菜を素揚げにするだけ。。。)

 

①野菜を素揚げにします。

f:id:skypon:20200201171422j:plain



②こんなかんじで。

f:id:skypon:20200201171441j:plain



③からあげは、油が飛ぶので、オイルスクリーン必須。

f:id:skypon:20200201171518j:plain

 


オイルスクリーンはこちら ↓

 

 

レトルトカレーを温めて、ごはんにかけて、野菜をのせたら、出来上がり♪

f:id:skypon:20200201171937j:plain



なんともお手軽な、
ちょっと贅沢なレトルトカレーになりました。

 

 

最後まで、ご覧いただき、
ありがとうございました。

 

一瞬でデータの個数を数える方法

f:id:skypon:20200128204711j:plain

 

 

知っている方は知っているのですが、
知らない人は、おっ、これは便利! 
と言う小技です。

EXCELのちょっとした使い方で、
小難しい数式も使わずに、
一瞬でデータの個数を調べられます。


①このようなデータがある場合

f:id:skypon:20200128204755j:plain



②黄色枠を選択すると、、、 黄色矢印のところ(ステータスバー)に「データの個数:6」と表示されます。

f:id:skypon:20200128204920j:plain


データの個数を簡単に数えることができました!

 

そして、たとえばデータが離れているときも、、、
選択した箇所は5セルなのに、データが入力されている、
「4」 がデータ個数として数えられます。

f:id:skypon:20200128205040j:plain

 

 

ひとつひとつ数を数えられるものであれば、
この小技を使う必要もないのですが、
データが1000個や10000個あるときは、
このようにして、数えるととても楽です♪

f:id:skypon:20200128205333j:plain



EXCELを使っていると、
ときどきこの機能便利だな。
って思う機能です。

 

 

最後まで、読んで頂き、
ありがとうございました。

 

簡単なVLOOKUPの使い方

f:id:skypon:20200123192152j:plain

 

EXCELで使う、VLOOKUP関数の簡単な使い方です。
このVLOOKUPを使えば、
膨大なデータからの

検索と、
値の自動入力

を実現できて、
作業の効率化が図れます。

 

 VLOOKUP

 

EXCELを使っていると、
ときどき使いたくなる、
便利な関数のひとつです。

 

  

今回は、次のような表で、
 ★のなすびを表1から探し、
 ②の列の単価を黄色のセルに入力する。
といったVLOOKUPの使い方です。

f:id:skypon:20200123192933j:plain

 

 

黄色のセルに書く、数式は、

 

=VLOOKUP(B3,$E$3:$F$7,2,FALSE) 

 

です。

 

これで、★のなすびの単価を黄色の枠に入力することができます。

ためしに黄色の枠に数式を入力してみます。

すると、このように「70」が自動で入力されるようになりました。

f:id:skypon:20200123192317j:plain

 

「=VLOOKUP(B3,$E$3:$F$7,2,FALSE) 」
この数式を、すこし説明すると、、、

・B3 が 検索したい文字列です。
・$E$3:$F$7 が 表の範囲です。
・2 が 表の列の左から2番目を指します。
・FALSE は、完全に一致するもの。を意味します。

 

以上です。見に来ていただき、
ありがとうございました。